読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PRUGIO通信

韓国ソウル在住。旅、飛行機、写真、そして酒を愛する大阪人のブログです。

D500でブラックイーグルスを撮る・・・空軍忠州基地にて

少し前のことですが、2016年6月25日、忠清北道の忠州空軍基地で行われたイベントで展示飛行を行ったブラックイーグルスを撮ってきました。D500でアクロバット飛行を撮るのは初めてです。

f:id:prugio:20160716170346j:plain

冒頭に見栄えの良い写真を載せましたが、空はほぼ雲に覆われ、ところどころに晴れ間が覗く程度で、コンディションはイマイチだったのが残念でした。ブルーインパルスであれば第3区分でのフライトになったかも知れません。実際、バーティカルキューピッドではハートを描く様子が殆ど分からず、観客はボーっと静かに見ているだけでした。

こんな感じの天気でした。f:id:prugio:20160716170827j:plain

 

以下淡々と写真を載せておきます

今回はリモートでのフライトでした。
オープニングは観客後方から編隊でのフライバイ。f:id:prugio:20160716170409j:plain

f:id:prugio:20160716170429j:plain

前半は隊形を変えながら、8機編隊での飛行が続きます。f:id:prugio:20160716170446j:plain

 

f:id:prugio:20160716170602j:plain

f:id:prugio:20160716170507j:plain

 

f:id:prugio:20160716170549j:plain

 

f:id:prugio:20160716170644j:plain

 

f:id:prugio:20160716170708j:plain

f:id:prugio:20160716170721j:plain

やはり10コマ/秒の高速連写が可能なので、クロス系の演技も余裕で撮れます。ただ、ビビッてワイド気味に撮ってしまいました。次回はもっと望遠で撮ります。f:id:prugio:20160716170741j:plain

会場左手から進入する5機のスモークに向かってソロの1機が突き抜けてゆく演技。f:id:prugio:20160716170800j:plain

 

f:id:prugio:20160716155201j:plain

 

f:id:prugio:20160716155229j:plain

このショットはカミサンがV3で撮ったものです。f:id:prugio:20160716155246j:plain

 

f:id:prugio:20160716155329j:plain

 

サンダーバーズばりの密集隊形です。f:id:prugio:20160716170851j:plain

 

久々のAPS-Cフォーマットでの撮影だったのでフレーミングに苦労しました・・・f:id:prugio:20160716170904j:plain

 

f:id:prugio:20160716160235j:plain

 

f:id:prugio:20160716160610j:plain

 

高速連写

バシバシ高速連写してみました。最初の1枚から2枚目の間、シャッターを押すのを躊躇して一瞬間が空いたようですが、あとのショットはシャッター押しっ放しでの連写です。

f:id:prugio:20160716160551j:plain

f:id:prugio:20160716160644j:plain

f:id:prugio:20160716160742j:plain

f:id:prugio:20160716160809j:plain

f:id:prugio:20160716160830j:plain

f:id:prugio:20160716160843j:plain

f:id:prugio:20160716160856j:plain

f:id:prugio:20160716160909j:plain

f:id:prugio:20160716160921j:plain

f:id:prugio:20160716160942j:plain

f:id:prugio:20160716160956j:plain
D500の連写性能も凄いけど、一瞬の間にこんな機動を行うパイロットの技量が凄い。

 

D500のAF性能と高速連写性能を堪能しました。シャッター速度優先で1/2000sec、絞りは概ねf/10前後だったこともありピントを外したショットは1枚もありませんでした。ただ、私がD800Eに慣れてしまっているので、D500の画角と速度に慣れる必要性を感じました。

f:id:prugio:20160717001043j:plain